2020年6月2日

【HPVワクチン】無料対象年齢を過ぎた若者にもワクチン接種のチャンスを(署名運動)

2013年4月に定期接種(無料で接種できる)となったHPVワクチン(≒子宮頸がん予防ワクチン)は、接種後の体調不良などから同年6月に積極的勧奨の中止となって以来、再開しないまま丸7年も経過してしまいました。

 

それまでは7割の女性が接種を受けていましたが、この7年間は1%未満の接種率となってしまい、北海道大学の研究では、1994~2007年の間に生まれた女性のうち2万4,600~2万7,300人が罹患し、5,000~5,700人が死亡すると予測されていますLancet Public Health 2020; 5: e223–34. 

 

ワクチンの情報を得られないまま対象年齢を超えてしまった女性が多くいるのですが、約5万円の実費を負担して接種を受けることは簡単ではありません。

このような定期接種のチャンスを逃した女性に、これからのワクチン接種のチャンス(キャッチアップ接種)を広げるための署名運動が始まりました。

私も早速署名いたしましたが、

みなさまにも是非ご賛同いただき広めていただければありがたいです!!

 

 

HPVワクチンについて詳しく知りたい方は日本産婦人科学会の解説を御覧ください。

https://www.jsog.or.jp/uploads/files/jsogpolicy/HPV_Q%26A.pdf


TOP

お問い合わせ



みやはらレディースクリニックへのアクセス