2018年 6月 の記事

2018年6月23日

子宮頸がん検診無料クーポン配布開始(20歳の方)

サッカーのワールドカップが始まり、格上のコロンビアを破る大勝利をおさめ日本中が沸き立っていますね(^^)

 

さて、熊本市から今年度20歳となる女性(平成9(1997)年4月2日~平成10(1998)年4月1日生まれ)を対象に子宮頸がん検診の無料クーポンが配布されますのでお知らせです。

 

受診時に無料クーポンと、本人確認用の健康保険証か運転免許証等を提出していただければ予約なしでも受けることができますが、有効期間が平成30年7月1日から平成31年2月28日までですので注意が必要ですね。また年度末は駆け込み受診が増えるようなので、余裕を持って受けておいてください。

検査は5−10分程度と短く、痛みもほとんどありません。

 

子宮頸がんは20代・30代の若い女性に増えていますが、早期のうちに治療すれば90%以上が治る病気です。大切な命、また子供を宿すために必要な子宮を守るために2年に1度は受けるようにしてください。

 

万が一、異常が発見された場合でも専門医(日本産科婦人科学会・日本婦人科腫瘍学会)による詳しい精密検査を受けていただいたあとで適切な治療法を提示いたします。

当院ではレーザーによる日帰り外来治療も行っています。

気になることがあれば、お気軽に相談してください。

2018年6月19日

地震とピル

6月18日7時58分に大阪府北部を震源とする震度6弱の地震が発生しました。
夜中も震度3-4の余震も続いているようで、不安の中で朝が来るのを迎えたことだろうと思います。

すでに4名が塀や本棚などの下敷きになるなどしてお亡くなりになったと報道されています。

 

私も2年前に熊本の自宅で2度の震度6強を経験しましたが、家中の棚は倒れ、ガラスなどが割れて散乱しました。幸い家族全員怪我はありませんでした。避難場所を求め夜中に車で自宅を離れたものの熊本市内外のあらゆるところが混乱しており、結局自宅に戻り一番安全と思われる部屋で過ごしました。余震のたびに起こされとても眠れる状態ではなかったことを思い出します。

 

今後、避難のために避難所や車中泊をする場合もあるかもしれません。

 

熊本地震でも長期間の避難を余儀なくされ、車中泊によっていわゆる「エコノミークラス症候群」と呼ばれる深部静脈血栓症・肺塞栓症によって亡くなられた女性がおられました。
狭いスペースであったりしてあまり動けず、同じ姿勢を長時間取らざるを得なかったことが原因となります。また脱水も血栓の発生を増加させる一因となります。

 

私もJMATの活動として血栓症のスクリーニングとして避難所をまわりましたが、症状がなくても血栓が発見される人がみられました。

 

特にピル服用中や妊娠中の女性は、血栓症を発症するリスクが高くなっていますので、より注意が必要です。
(Buzzfeed news「震災後、女性に多発する病気がある。命を守るためにできること」が参考になりますので是非読んでみてください)。

Nozomi Shiya & Kota Hatachi / Via BuzzFeed

 

犠牲に合われた方のご冥福をお祈りするとともに、これ以上被害が広がらないことを望みます。

 

宮原 陽


TOP

お問い合わせ



みやはらレディースクリニックへのアクセス