2019年 4月 の記事

2019年4月20日

子宮頸がんワクチン講演会:熊本日日新聞に掲載されました

3月23日に肥後医育塾「ワクチンのこと 正しく知りましょう」という講演会で、子宮頸がんとワクチン接種についてお話させていただきました。

 

4月19日の熊本日日新聞に講演内容を詳しく掲載していただきました。

 

まだまだ接種を希望する方は少なく当院でも1年間で5名だけでしたが、最近になって問い合わせも増えてきました。

 

一度、ワクチンの接種について家族で話し合っていただければと思います。

 

不安なことなどあれば下の問い合わせフォームからお尋ねいただければ回答いたします(お電話は診療中で時間がとれないこともあるかもしれませんので。。)。

 

 

 

 

 

2019年4月10日

【子宮の日】4月9日

4月9日は「子宮の日」でした(投稿忘れていました^^;)。

 

子宮頸がん検診の細胞を検査する細胞検査士会は「LOVE49プロジェクト」という活動を行ったり、

 

女性サッカーチームのINAC神戸レオネッサの選手が子宮頸がん検診を受診を呼びかける動画も配信したり、

 

ツイッターでも「#子宮の日」としていろんな投稿があったりしているようです!

熊本大学医学部産科婦人科の片渕教授が毎年4月9日に新聞に子宮頸がん検診の啓発の記事を掲載しています。

 

熊本県では15−39歳の若い世代(AYA世代)のがんの半分が上皮内がんを含む子宮頸がんであり、子宮頸がん検診の受診率は29.6%にとどまり、20歳の無料クーポンの利用率も10%と低迷していることについて触れています。

 

子宮についてもう一度考えていただける機会になれば嬉しいです。

 

ちなみに当院のFAX番号は096−325−1149(さあにっこりいいしきゅう)です(^^)

2019年4月3日

子宮頸がん検診(昨年度受けられなかった方も!)

熊本市の子宮頸がん検診は年度内に偶数年齢になる方が対象です。

2年に1度、1,000〜1,200円で受けられるチャンスですので、是非受けるようにしましょう。

熊本県は特に30−50代の若い世代での子宮頸がんでの死亡者が増えています。

 

当院では特に予約の必要はありませんので、直接ご来院いただければ結構です。

症状がなくても偶然に他の病気が見つかることもありますので、保険証もご持参ください。

 

また昨年度(平成30年度)に受診できなかった方も、「奇数年齢特例受診許可証」を発行してもらうと同じように受けることができます。

 

発行期間は5月31日までで、区役所保健子ども課、健康づくり推進課に身分証明書(健康保険証など)、印鑑をご持参ください。

くわしくは 健康づくり推進課(☎361-2145)にお尋ねいただくと教えていただけます。

4月の市政だより13ページにも掲載されています。

【参考】子宮頸がん検診パンフレット

2019年4月1日

【GW】4月27日・30日・5月1日診療いたします

本日4月1日新元号が「令和(れいわ)」に決まりました。

なんかちょっと違和感がありますが、平成になったときもそうだった気がします。

今回はじめて、日本の古典「万葉集」の一節からの採用され、「人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つ」という意味が込められているとのことです。いいですね。

 

平成は4月30日で終り、天皇の即位の日の5月1日から令和となるわけですが、この5月1日と即位礼正殿の儀が行われる日の10月22日が休日となります。

 

そのため、ゴールデンウイークが10連休となりますが、

 

患者様には長期間受診できないことと、GW前後に混雑してお待たせすることで不便をおかけすることになりますので、

4月27日・30日・5月1日を通常どおり診療することにいたしました。

 

5月7日からは通常の診療となりますので、よろしくお願いいたします。

 

 


TOP

お問い合わせ



みやはらレディースクリニックへのアクセス