2018年8月4日

初診患者様1000名達成

2月3日の開院より半年が経過いたしました。

本日8月4日に1000人目の患者様が来院されました。

 

ささやかながら記念品を贈らせていただきました。

猛暑で日差しも強い日がつづいておりますので、エンビロンのラドローション(日焼け止め)とメルスモンのモイストソープ(プラセンタ入石鹸)にいたしました。

 

これからも多くの患者様が安心して受診できるようなクリニックを目指して、スタッフ一同さらに努力して参りたいと思います。

今後とも宜しくお願いいたします。

 

 

 

2018年7月31日

夏期休診のお知らせ

8月11日(土・祝)から8月16日(木)まで夏期休診いたします。

8月17日(金)より通常どおり診療いたします。

長くなってしまいご迷惑をおかけしますがご了承くださいますようお願いいたします。


8月11日(土・祝)休診

8月12日(日)休診

8月13日(月)休診

8月14日(火)休診

8月15日(水)休診

8月16日(木)休診(木曜休診日)

8月17日(金)9:00より通常通り診療

2018年7月23日

性教育講演会@熊本中央高等学校

7月19日に熊本中央高等学校において性教育の講演をさせていただきました。

 

700名の生徒さん(うち100名が男子)に、女性の月経・妊娠・性感染症・子宮頸がんについて産婦人科医の立場から話しました。

体育館を埋め尽くした生徒さんを前にすると緊張してしまいましたね。

事前に行ったアンケートでは、76%の女子学生が月経中の痛みや吐き気など「月経に関連するつらさ」の経験がありましたが、一方で57%は辛い症状を病院で治療できることを知らないという結果でした。

 

鎮痛剤は「くせになる」、「効かなくなる」と誤解して服用を我慢している子も多くみられました。強い月経困難症がある場合には、将来の子宮内膜症の発症を予防する意味でもピルを服用することの利点を強調して話しました。

 

熊本中央高等学校は運動部の活動にも力を入れており、高校総体・インターハイなどで素晴らしい成績を残しておりますが、女性アスリートのパフォーマンス向上のためのピルの活用についても説明しました。

 

妊娠や性感染症、子宮頸がんについても正しい知識を身に着け、これからの社会の中心的な役割を担う彼女たちが望んだとおりの人生設計やキャリアプランを実現できるよう、これからも地道にこのような講演活動を行って参ります。

 

性教育以外にも更年期の講演もしています。

講演のご希望がありましたら、是非お尋ねください。

 

 

2018年7月13日

女性のためのスマホアプリ紹介

みなさんご自分の生理はきちんと記録していますか?

 

基礎体温を記録し、排卵や生理(月経)日の予想をするアプリとしてはル●ルナがよく知られていますね。

このたび、ラベルフィーユとファボワールという低用量ピルの製造元である富士製薬工業が女性のためのスマホアプリを開発したということで案内を受けました。

 

LiLuLaというアプリです(https://lilula-app.jp)。

 

このアプリは完全に無料(課金なし)にもかかわらず、監修が東大産婦人科の前教授 武谷先生(顧問)や聖路加国際病院の百枝先生(総合監修)など、そうそうたるメンバーで構成されております。信頼度が高いので、産婦人科医からも自信をもってオススメできます。

 

病気や症状などのお悩みガイドや、よくある質問のQ&A、コラムなどの内容も豊富でわかりやすく、悩んだときにサッと調べることができます。

是非ダウンロードしてみてください。

インターネット上には信頼できない情報も多く、間違った判断をすると大変なこともありますので注意してくださいね。

 

2018年7月6日

7月18日午後休診(14−17時)のお知らせ

7月18日(水)の14時〜17時のあいだ、九州厚生局で新規開院クリニックへの指導受講のために休診とさせていただきます。

9時から12時30分までの午前の診療は予定通り行います。

また17時前には戻り、通常通り18時まで診療いたしますので、ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いいたします。

 

2018年7月3日

オンライン診療開始します

このたび、新しい試みといたしまして「オンライン診療」を開始します。

オンライン診療「クリニクス」

https://clinics.medley.life/clinics/5ae00c5d41687827c189c37a

 

「オンライン診療」はパソコンやスマホなどのいわゆるテレビ電話機能を用いて、実際の対面診療のように顔を見ながら行う診療になります。

もちろん診療の基本は対面での診察になりますが、更年期障害や骨粗鬆症、過活動膀胱など内服治療で状態が安定している場合には、通常の対面診療と交互で診察・処方を行うことが可能です。

子宮頸がん検診や採血などの結果のみをお伝えする場合にも利用できます。

さらには、まず月経や避妊についてピルの相談をしたいが受診できないときなどにも、時間や場所を選ばずアクセスすることができます。

お化粧を落とす必要のある美容医療のことについて尋ねてみたいときも、自分のお部屋で相談することができて便利かと思います。

当院は女性のためのクリニックではありますが、私と同性である男性の悩みに対して少しでも相談にのれればと「AGA(男性型脱毛症)外来」「医療脱毛相談外来」をオンライン診療のメニューに加えました。

 

ご主人やパートナーのことでの相談も可能です。ちょっとしたことでも何でもご相談ください。

 

本日で、2月3日の開院からちょうど5ヶ月が経過いたしました。

 

更年期障害や月経困難症でお困りの方が特に多く受診されておりますが、産婦人科ということもあって受診しづらく、ずっと我慢されていた方も沢山おられました。

少しでも敷居の低い、かかりやすいクリニックになれることを目指しています。これからも女性のあらゆる悩みに対して、丁寧に診療して参りたいと思っています。今後ともよろしくお願いいたします。

 

オンライン診療

2018年6月23日

子宮頸がん検診無料クーポン配布開始(20歳の方)

サッカーのワールドカップが始まり、格上のコロンビアを破る大勝利をおさめ日本中が沸き立っていますね(^^)

 

さて、熊本市から今年度20歳となる女性(平成9(1997)年4月2日~平成10(1998)年4月1日生まれ)を対象に子宮頸がん検診の無料クーポンが配布されますのでお知らせです。

 

受診時に無料クーポンと、本人確認用の健康保険証か運転免許証等を提出していただければ予約なしでも受けることができますが、有効期間が平成30年7月1日から平成31年2月28日までですので注意が必要ですね。また年度末は駆け込み受診が増えるようなので、余裕を持って受けておいてください。

検査は5−10分程度と短く、痛みもほとんどありません。

 

子宮頸がんは20代・30代の若い女性に増えていますが、早期のうちに治療すれば90%以上が治る病気です。大切な命、また子供を宿すために必要な子宮を守るために2年に1度は受けるようにしてください。

 

万が一、異常が発見された場合でも専門医(日本産科婦人科学会・日本婦人科腫瘍学会)による詳しい精密検査を受けていただいたあとで適切な治療法を提示いたします。

当院ではレーザーによる日帰り外来治療も行っています。

気になることがあれば、お気軽に相談してください。

2018年6月19日

地震とピル

6月18日7時58分に大阪府北部を震源とする震度6弱の地震が発生しました。
夜中も震度3-4の余震も続いているようで、不安の中で朝が来るのを迎えたことだろうと思います。

すでに4名が塀や本棚などの下敷きになるなどしてお亡くなりになったと報道されています。

 

私も2年前に熊本の自宅で2度の震度6強を経験しましたが、家中の棚は倒れ、ガラスなどが割れて散乱しました。幸い家族全員怪我はありませんでした。避難場所を求め夜中に車で自宅を離れたものの熊本市内外のあらゆるところが混乱しており、結局自宅に戻り一番安全と思われる部屋で過ごしました。余震のたびに起こされとても眠れる状態ではなかったことを思い出します。

 

今後、避難のために避難所や車中泊をする場合もあるかもしれません。

 

熊本地震でも長期間の避難を余儀なくされ、車中泊によっていわゆる「エコノミークラス症候群」と呼ばれる深部静脈血栓症・肺塞栓症によって亡くなられた女性がおられました。
狭いスペースであったりしてあまり動けず、同じ姿勢を長時間取らざるを得なかったことが原因となります。また脱水も血栓の発生を増加させる一因となります。

 

私もJMATの活動として血栓症のスクリーニングとして避難所をまわりましたが、症状がなくても血栓が発見される人がみられました。

 

特にピル服用中や妊娠中の女性は、血栓症を発症するリスクが高くなっていますので、より注意が必要です。
(Buzzfeed news「震災後、女性に多発する病気がある。命を守るためにできること」が参考になりますので是非読んでみてください)。

Nozomi Shiya & Kota Hatachi / Via BuzzFeed

 

犠牲に合われた方のご冥福をお祈りするとともに、これ以上被害が広がらないことを望みます。

 

宮原 陽

2018年5月18日

5月17日 講演会

5月17日(木)はクリニックの休診日でした。

午前中は田崎市場会館で女性の健康セミナーを開催させていただきました。

田崎市場には朝早くから多くの女性が働いておりますので、ますます元気で健康に暮らしていただきたいということで、特に女性ホルモンについての話題でお話させていただきました。

参加者の多くは閉経前後の年代で、更年期障害の治療や子宮がん検診などについて関心が高い様子でした。

日常の食生活や運動に加えて、適切な治療(ホルモン剤や漢方薬)やサプリメント摂取を行うことで、更年期症状として多く見られるホットフラッシュ(ほてり、のぼせ)や汗、肩こりや頭痛、めまいや動悸、不安や不眠などを軽くすることができます。

女性の2−3割は更年期障害で苦しんでいるという報告もありますので、「これって更年期かな?」と思ったら何でも相談してください。

 

またプラセンタ注射についても相談も受けました。

更年期症状を軽くする効果だけでなく、肌や髪のツヤが出て、からだ全般の調子がよくなったという方が定期的に受診されています。

こちらもどうぞご相談ください(^^)。

2018年5月3日

5月3日休日当番医

天気も回復し絶好のGW後半となりましたね。

そういえば、本日5月3日休日当番医であることをお知らせすることを忘れておりました。すみません。

平常の診療時間より1時間短く、9:00〜17:00(12:30〜14:00休診)となっておりますのでご注意ください。

 

 

1 2


TOP




みやはらレディースクリニックへのアクセス