2019年10月2日

【超低用量ピル連続服用中の患者様へ】アンケートのお願い

月経困難症の治療薬である超低用量ピルにはヤーズ(ヤーズフレックス)、ルナベルULD(フリウェルULD)、ジェミーナと3種類あり、患者さんの症状や体質(ニキビができやすい、月経前症候群がある、など)によって使い分けています。

 

最近では3−4ヶ月間、連続して服用することで月経の回数そのものを少なくすることで、さらに休薬中の症状(月経痛や頭痛など)を軽くする効果が高くなることが報告されるようになりました。このことは先日放送されたNHK「あさイチ」でもとりあげられ反響を呼んでいます

 

当院においてもヤーズフレックスやジェミーナの連続服用を希望する患者さんが約75%を占めるようになり、月経回数が減ること、月経前症候群がなくなるなどといった効果を実感している患者さんが増えてきました。

 

そこで、今回フォーシーズンズレディースクリニック 田畑愛先生の発案で、連続服用前後の変化についてのアンケートを実施することといたしました。

フォーシーズンズレディースクリニックうちの産婦人科、当院の3施設で行います。

結果については学会・研究会等で発表することがありますが、無記名でのアンケートであり、本研究以外には使用せず第三者には提供致しませんので安心してご回答ください。

QRコードからアンケートフォームにジャンプいたします。

 


TOP

お問い合わせ



みやはらレディースクリニックへのアクセス